義家ってそんなに大事?わからん

 僕は義家に年二回帰るけれど、義家は嫌いじゃない。
 義母はよい人だし、義弟もいろいろ話をするようになった。
 
 でも義父は嫌い。
 
「○○家の嫁とは」
と僕に価値観を押し付けて、僕が激怒した話はここでもした。
 ケンカを売ってくるのは相変わらずだけど、無視。
 何年か前には義母義妹と僕が急に示し合わせたように、葬式について調べていたり。
 僕は義父が嫌いなので、義父とは最低限しか話さない。
 
 僕は義母や義弟家族が嫌いじゃないので行くけれど、行くのが嫌なら行かなくていいと思う。
 大体なぜ「嫌なところ」に行くのか。
 悪意を押し付ける場所に行くってドMですか?
 
 僕はいやなことはいやだし、切り捨てられることは切り捨てる。
 
 旦那が嫌な場所(義家)に引きずっていくような人なら、とっくに切り捨ていたと思う。
 旦那と
「義父が嫌い」
という情報を共有している。
 旦那を20年かけて矯正しているのは僕だしね。

「惚れた女に対して貶しても何してもかまわない。結婚したら女は自分の所有物」

 そんな価値観で幸せな結婚生活できないでしょう。
 
 僕は旦那を矯正する道を選んだけれど、同じ相談を友達に受けたら
「ニゲロ。手は貸す」
というね。育ってきた環境に左右された価値観っていうものは治らない。
 本人が
「変わろう」
と思わないと考え方は変えることはできない。
 これは心理学のド基本。

 だから自分が「変わる方が早い」ということだよね。
 
 考え方を変えたり価値観を変えたり、幼少期の刷り込みを矯正するには、矯正を始めた年齢以上の時間が必要だと思った方がいい。
 
 そしてものすごい労力がいるし、的確なやりかたも必要。
 だから「がんばってみたら?」とは言えない。
 
 義母がクソだったら我慢できないと思うし、女の嫌がらせって精神的にくるよね。
 そんな義家から嫁を守れない男は何があったって、何もしてくれないよ。
 問題から逃げてそれに対して言い訳じみた屁理屈を感情的にまくしたてる男なら余計にね。
 
 僕の場合は旦那が僕に依存しているので、僕の一言は鶴の一声(意見や利害が対立する多くの人を否応なしに従わせる権威者・権力者の一言)なんだけどね。
 ・・・まあその一言についてはちゃんと理由を話すけれど。
 それはそれでどうかと思うけれど(笑)
 
 義家なんて捨てればいいんだよ。
 嫁だから
 なんてそんなの関係ないよ。
 だってその旦那と結婚したわけだしね。

 僕は旦那の父親に
「お前(義父)はつくりの中途半端な役に立たないお菓子のおまけ以下の存在だ。使えなさすぎる」
といったこともありますけどね。
 あんな父親からどうして旦那が生まれたのか・・・。
 知能は母親から受け継ぐってなんか納得。
 
 まあ義家に気を使わなくていいと思うよ。
 
 義家を押し付けるような旦那とは対決した方がいいし、敵意を向ける義実家を大事にする必要はないと思うぞ
 僕はね

LGBT創作サイトにも