帝王切開のお金の話。高リスク出産の果てに

ども。お金の話が続いていますが、月夜でございます。
もう「既婚ビアンとお金」というサイト名に変えちゃう?
・・・嘘です。

さて、僕が帝王切開をした最後は14年前。
シヌカト オモタ
さて、僕は数か月入院したので、「高額医療保障」を使いました。
一か月七万円払いました。医療費として。

帝王切開なので保険効くやん

と思っていたのですが、結局出産後に30万くらい払いましたよ。
明細もうないけれど
「結局こんなに払うのかよ」
と思いましたもん。下の子の時はお金なくて大変でしたよ。
医療行為の部分は保険が効くのですが、結局出産費用は払わなきゃいけないんですよ。
ち。
その30万のところは生命保険でカバーできた長女はよかったのですが、次女の時は保険に入っていなかったので金銭的にチョー大変。
お金の意味でも体力の意味でも死ぬかと思いました。
生きてますけどね。

で、何が言いたいかというとこれから妊娠出産する方、妊活する方には生命保険に入っておきなさい。と言いたい。
だって、リスクがない出産なんて存在しないから。
もしかしたら妊娠しているときにトラブルに遭うかもしれない。
出産時に何かあるかもしれない。
リスクが高い人はもちろん、本当に出産は何が起こるかわかりません。
緊急帝王切開になるかもしれませんしね。
体の事ばかり言うけれど、お金のこともちゃんとしておかないと大変です。マジで。
僕はこのころ貧困だったので、保険に助けられました。

僕が保険に入るときには 医療補償大事 死亡時は葬式代だけでいい

という感じで選んでいます。死んだあとはしかたない。ということで。

妊活と生命保険はセットですよ。
忘れないでくださいねー
あと学資保険はお勧めっす

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

LGBT創作サイトにも