女の相談に真面目に答えるなかれ?

 ども。皆さん。こんにちは。
 僕は優しいので、他人に相談されると親身になる優しいところがあります。
 その人の相談が頭の中に残って、どうしてあげたらいいんだろう。と考え込んでしまいます。
 同じ考え方の優しい女性いると思うんです。
 で他人の事なのに苦しくてブルーになるんですよね・・・。

 こんな人いると思います。
 ホントの事言うと僕は相談された時は助言しますがその人とのその話がなくなったとたん、すっぱりそんなことはどうでもよくなっています。
 
 女性の中にはとてもやさしくて相手の相談についていろいろ考え抜いてしまう方がいらっしゃるようです。
 他人の心の荷物を一緒に背負ってしまう方ですね。
 それはとても良いことなのですが、それ無駄ですよ。

 人間ってのは、『自分がやりたいこと』しかやらないんです。
 そういう生き物なんですよ。
 カウンセラーとしてカウンセリングをするときは、こちらは『クライアントが考えをまとめるための助言』をするだけです。
 人間ってね。

「どんなに良い意見でも、受け入れない」

っていう特徴があるんですよ。
 自分がやりたいようにしかやらないの。
 だから、どんなに良い助言をしても相手は
「自分が思うことしかしない」
んですよ。あなたの助言がどんなに良くても、全く聞いていないことも多々多々多々あります。
 相談女を友人に持っていたら、メモ用紙に相手に見せながら相手が言ったことを書いていけばいいんです。
 これはカウンセラーも使うテクニックの一つですが。
 相談したいからと、友人とあうことになったら、大きな白い紙を持って行って
 ランダムに相手が言ったことや重要な単語を書いていきます。
「姑がむかつく。どうすればいい?」
だったら「姑」「むかつく」とかね。
「でさ、旦那も味方してくれないんだよね」
と言われたら、旦那と書いて↑して姑につなぐ。
「旦那にどうしてほしい?」
とか相手の意識を引き出していく方向に話を持っていく。
 自分が
「こうすればいいんじゃない?」
ってのは言わない。だって相手の中に答えなんかあるんだからね。こっちの話が聞きたいんじゃないの。
 相手は自分を肯定してほしいだけ。同意してほしいだけ。
 意見なんかいらないの。

 なんでそんな話をしたかというと、旦那が相談女化して今うざいから。
 愚痴ですよ。愚痴。
 彼は僕に対してひがみもたくさんあるんだけれど、
「会社でこんなことがあった」
「こうすれば?」
「嫌だ。できないのが俺だ」
「知らんがな。じゃあ話すなや」
という・・・最後の言葉は飲み込んだけどね。うざい。

 こっちの話を聞かない人間っているんだよね。
 僕もそうだけど、僕は相談はしない。
 相談したって自分は自分の思い通りにしかしないからね。
 
 題名には「女」って書いたけれど、ま、男も同じなんだろうね
 ・・・うちの旦那は女々しいけれど。
 あれだけ感じよう論なんて役には立たないと言ってるんだけどなあ。
 話を全く聞いてない。溜息。

  
 

LGBT創作サイトにも