【色分析】黒を愛するあの人とうまく付き合うには

 僕の旦那も僕も基本黒を着ます。
 僕は赤も着るけれど。
 若いころは赤いシャツだったかな。
 今は黒いシャツ。

 ちなみにここで書くことは特に資料も読まない、僕の偏見と独学に裏打ちされたものなので参考程度にしといてね

 さて、黒が好きな人って案外多いよね。
 僕は好きではないけれど、自分の色は「金と黒」かなあとは思っている。
 ・・・いろいろ理由があるんだけれど、オカルトじみてくるので割愛。
 黒も金もとても強い色だよね。
 どんな色に混ぜても、その性質を失うことがない。
 
 黒は三原色を全部混ぜた混沌の色で、どんな色も暗くしてしまう。
 金は・・・まあ今は黒の話なので省略。

 白を好む人の話は前にしたよね
+協調性があって誰にでも合わせることができる分、内面を現さずストレスをためやすい
 黒は白とは逆。

+己の道を信じるがあまり協調性に欠けることがある。
 他人が自分についてこられないことにいら立ちを感じてストレスをためることもある

 早い話が自我が強い人が多い。そして自信家も多い。
 誰にも染まらない、むしろ周囲の色を変えてしまう強い影響力をもっていたりね。
 そこまでじゃなくても、我の強い扱いにくいタイプが多いと思う。

 さてこういうタイプはまず相手を肯定すること。
 誰だって批判するべきではないし、肯定は大事だけれどとくに。
 強情ではあるけれど、情にもろくて頼まれると断れないという可愛いところのある人も多い。
 
 理性的で自分を強く持つ人が多いけれど、理性的に話すと理解はしてもらいやすそう。

 黒を好む人は基本的に、プライドが高くて自分に自信があるんだよね。
 だからバカにしたりするとものすごく怖い報復がまっているのかも。
 怖い^^

LGBT創作サイトにも