屋形船で花火を見る会に誘われる。東京怖い

 LGBTとは何の関係もないんだけど・・・
「花火大会に屋形船を押えました。ぜひ立花家にと思い、人数分抑えてありまっす」
というご連絡が。
 これ、いつも買う芸術関連会社からのお電話。
 ・・・会費いくらだよ・・・とガクブル。
 
 この屋形船はとある有名な書道家さんがものすごく特別な紙を使って、書を・・・と言うイベントらしく。
 好きだよ。好きだよ確かに。その書道家さん。書も人柄も素晴らしい方だと思うし。
 この前、書道家さん自前の色紙に書をその場で書いて、プレゼントしてもらったんだけど・・・。
 ありがたいことです。

 でもね、会費がいくらか言ってよー。
「立花家のために枠を取ってありますから!」
ってもう断れない雰囲気じゃーん。
 今年はボーナス絵に使っちゃってないんだよぉ。
 うち年収そんなに高くないんだよ?4桁とか遠いんだよ?ひぇー
 今年は2枚も買っちゃって貧乏なんだよ・・・。

 屋形船で花火を見る。ってなかなかないですよね。
 調べたら、1人大体2~4万ひぇーーーー
 
 東京ってお金があればいくらでも特別な体験ができるけど、お金がないと全く持って面白くない。
 と僕は思っています。
 いろいろな人がいて、たまたま話した人がすごいひとだったりもするんだけど。
 そういう出会いの面白さはあれど、お金がないと東京の面白さはわからないよなあと。
 お金があるとこれほど面白いところはなかなかないんですけどね。東京。
 
 大阪はここまで貧富の差と面白さの差が比例しないので、やっぱり東京すごいよ。
 貧困でギリギリの暮らしをしていたころは面白くなかったもの。
 いや今もギリギリですけどね。・・・車買いたいのになんだかんだとお金がたまらない。
 娘も大学(医大)を目指すと言ってるのに・・・お金が・・・。
 
 来週、担当の人とアポイントを取ったので話を聞いてきます。
 下の子は
「花火見たことない」
という子なので、見せてあげたいとは思うけど。
 でも屋形船で天ぷらを食べながら、書道家の先生と一緒に花火を見る。
 って贅沢すぎるよ・・・贅沢だよ。
 
 普通の人は芸術作品を買う時、家族で来る人は少ないと言っていました担当さん。
「大体一人でいらっしゃって買っていく」
そうで。もちろん家族もいらっしゃるとは言っていたけれど。
 うちは本物を見て聞いてこそと言う教育方針だし、僕自身が好きなので芸術関係はよくふれる。
 オーケストラもよく行くしね。
 オーケストラは探せば案外リーズナブルなものもあるんです。旦那は音感持ちなので「耳掃除」と呼んでいるけれど。
 絵画もうちの家族はクラシックなものには興味を持たなかったけど、現代絵画は好きなようで。
 そろそろ飾る壁が無くなってきたんですけど?

 東京は面白いけど、お金もかかる。
 そんなところなんですよねぇ。人との出会いは特別面白いんですけどね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ にほんブログ村 ダメ主婦 にほんブログ村 トランスジェンダー にほんブログ村 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)
☆Bian Site Ranking☆
人気ブログランキングへ