僕が男が苦手な理由を考えてみた

 今は毒親と呼ばれるけれど、親は選べない。
 怖い話している坊さんが
「子供は親を選んで生まれてくる(ドヤ)」
 んだってお。
 拷問みたいな殺され方をする子供は、その親に殺されるためにわざわざ選んで生まれてくるのか?あ?
 と3時間ぐらい責めてやりたいものですな。
 毒親に殺される子は、毒親に人生めちゃくちゃにされる子も。
 性善説なんてもってる宗教家は僕は大嫌い。

 親からの洗脳が解けて、人としては真っ当になってきている人も多いと思う。
 うちの旦那もそんな感じ。
 
 親って何なんだろうねぇ。
 親とのかかわりっていうのは、心理発達に多大な影響を与えるんだよね。
 僕は父親がほとんど家にいなかったので、男性というものをほとんど知らずに育った。
 なので男が苦手なんだと思う。
 隣に座られたりするの嫌い。
 旦那はいいけど・・・。他人は嫌い。
 
 元カレたちのことも好きではあったけれど、旦那への思いとはちょっと違う。
 旦那は僕にとって男である自分を投影する相手で、僕の世話をしてくれるひと。
 ・・・めちゃくちゃ恵まれてるな。僕。
 でも昔はイケメンなだけのくずだったんだぞ。マジで。
 旦那は義母に性格が似ていて、根は素直。
 その話はまた。

 男の人が近くに来ると異様に緊張するんだよね。
 自意識過剰な部分があるので、相手が自分に対して態度が変わったりするとへこむ。
 意識されたくないんだよ。自分も意識したくないし。
 
 父親と良い思い出がないので、男がダメなんだよね。早い話が。
 子供のころの親とのかかわり、親同士の関係は子供の恋愛観にものすごく影響を与える。
 子供の環境ってすごく重要なんだよね。
 思春期も大いに関係あるんだれど。

 まあ既婚ビアンという言葉を作って17年ぐらいになるけど、僕は自分が歪んでいるという自覚はある。
「旦那とは友達なんですぅ」
「旦那のことは好きじゃないけどぉ」
っていう人のほうが多いんだろうなあとは思う。
 まあ多重人格なので、病んでないわけがないんだけれど。僕って。
 
 多重人格とLGBTについてはまたの機会に。

 男に「女として」見られるのは本当に嫌なんだけれど、男に「男として」見られる分にはまったくもって違和感がないんだよね。
 ・・・歪んでんなあ・・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログ にほんブログ村 ダメ主婦 にほんブログ村 トランスジェンダー にほんブログ村 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)
☆Bian Site Ranking☆
人気ブログランキングへ