異性恋愛経験 こんな男は女を守らないんだぞ編

 どうも。レズビアンの皆さんが興味あるかなーと、異性との恋愛編の話でも。
 僕女の子にもてないんです。てへ💛
「月夜は一人のほうがいい」
 ・・・ごもっとも。僕自身よりみんなのほうがずっと見る目があるぅ。

 さて、僕は愛人とナンパをなかったことにすると、3人の男と付き合いました。
 みんな「男を感じさせない系の中性イケメン」でした。
 おっさんだった25才年上の裏社会御曹司パパ彼は、ニューハーフさんの彼女と新宿二丁目で同棲していたことがあるバイセクシャル。
 バイセクシャルの彼にとって、僕は希少価値の高い『お前みたいな女見たことない』タイプだったようです。
 ちなみに彼は千人越え。・・・ナンパ師はかせげるぅ。
 旦那もナンパ師ですが、まあ「1000人いったか?」程度。でも彼女は「200までは数えた。女とは続かない」というタイプ。
 性格が女なので、女性と衝突するんですよねぇ。
 でも自分の力で家庭の家計を守る男のプライドががっつりあるのは、昭和の男っぽいかも。今はね。
 最初の彼氏はジャニーズ系の美少年でしたが、一番性格がお子様だったかなーと思います。

 で、イケメンで
「結婚しようね」
「俺が守る女は月夜だけ💛」
なんて言っていた最初の彼氏ですが・・・。
 この男。キチンなんです。・・・もう。
 一度絡まれて(治安が良くない地区)一触即発状態になったことがあるんですね。
 僕は基本的に好戦的(キャラ。実はとっても平和主義[虚])なので、十字レンチ(十字架みたいな工具)を手に取り絡まれている彼のところへ。
 ・・・殺してやろうか。と身構えていたのですが、彼はフリーズしたまま。無言。
 僕の男の中で唯一のキチン。
 旦那は自分が正しいと思うと、徹底的にやるタイプ。
 パパ彼はそういう職業なのでプロ。
 
 思えばパパ彼は
「お前は自分の身は自分で守れる。心配ない」
と言い切る人でした。
 旦那にも
「月夜は強い」
と勘違い?されている系。
 こんなか弱いのにぃ(むなしい)
 まあいざとなったら、背中を任せられるタイプなんですよね。
 なのに、
「月夜を守るぅ」
と言ってた最初の彼氏はむしろ
「守ってもらう系」
だったわけで。
 ・・・人間って不思議なもので、守れる自信があるときには
「守りたい」
なんて希望は言いません。
「たい」というのはあくまで希望。こういうタイプに限って、自分の身を自分で守れないタイプ。
 自信がないから何度も何度も確認するかのように、「守る」と言い聞かせているんですよね。
 自分に対して。
 こういうタイプは本当に何か困難があった時に役に立ちません。
 何か本当に問題が出た時に
「守ってほしい」
という女性は近づかないほうが賢明っす。
 あ?ここレズビアンばかりなので大丈夫かな。

 女遊びがひどいぐらいなら、自分の性格にもよるけどいざというときに背中さえ守れず震えてるような男はダメっす。
 と思う月夜なのでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ にほんブログ村 ダメ主婦 にほんブログ村 トランスジェンダー にほんブログ村 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)
☆Bian Site Ranking☆
人気ブログランキングへ